電話注文:0120-70-1830(平日10-18時)

梅雨の食事はさっぱりと

皆さま、こんにちは!
メゾンブレモンド1830スタッフのGTです。



暑さと湿度のダブルパンチで、なかなかの不快指数な日々…皆さん、体調など崩されていませんか?実はGTも気圧に弱く、低気圧が続くとぼんやりと体調が芳しくありません。最近では「気象病」という言葉も広く認知されてきましたが…同じ症状で苦しんでいる皆さん、共にどうにか乗り切りましょうね…!

GTは主に頭痛と目眩の症状が出るのですが、それらをなるべく和らげるために意識していることは

①ぬるめのお湯でもいいので、なるべく湯船に浸かる
②身体に疲れやコリを溜め込まない

この2つです。

ユーカリやミントなど香りがスッとするバスソルトを入れたり、整体で首周りの凝りをほぐしてもらったりすると、身体の循環がだいぶ楽になる気がします。

あとは、ライトな食事を腹八分目で終えることも、地味なようで結構効く気がします。ただでさえ気圧で身体が重い中、なるべくなら食後もさっぱりとした気分で終えられるメニューが嬉しいですよね。



GT的・梅雨に嬉しいメニュー、その1は「冷しゃぶサラダ」。
野菜もたっぷり、薬味たっぷりと具材を自分好みのアレンジに出来る懐の広さがありがたい。ポン酢でさっぱりと、ゴマダレでクリーミーに、と味付けもバリエーション様々ですが、こんなタレでいただく冷しゃぶはいかがでしょう?



ブラックオリーブペースト イチジク&ナッツ入をベースとした、オリーブの旨みたっぷりのタレ。この日は豚肉のしゃぶしゃぶ肉にサラダ菜いろいろと蒸しナス、庭のフェンネルで作りました。お休みの日には、白ワインにも合う冷しゃぶサラダです。



程よい塩気と旨みのブラックオリーブがタレとしてのベースを支えて、ふわっと香るイチジクのフルーティーな香りとナッツの香ばしさ。この絶妙な組み合わせは、言葉にするのが毎度とてもむずかしいですが、こうした「食べるタレ」的な使い方もとてもおいしい。ほんの少しのオリーブオイルとホワイト バルサミコビネガーで伸ばせば、絶品タレの完成です。



GT的・梅雨に嬉しいメニュー、その2は「トマトそうめん」
このブログでも色々なそうめんアレンジをご紹介してきましたが、今回が一番カンタン&手早くできるかもしれません。



ソースにはトマトパスタソース オリーブをそのまま使い、冷水で締めたそうめんの上にトマトとバジルをどばっとかけるだけ!
オリーブとトマトの旨みだけでなく、パセリやハーブの清涼感、オニオンのコクなど、食感が楽しめるソースは先ほど同様、まさしく「食べるソース」。そうめんに絡めながら、食べる進める手が止まりません。(でも、一把だけだから腹八分目!)

そうめんは、水で締めてしっかりと水気を切った後、オイルとソルトを絡ませておくと、ソースの味がボケなくておすすめですよ。この日私は、バジル エキストラバージンオリーブオイルカマルグソルト ハーブ・ド・プロヴァンスを使いました。

まだまだジメジメした季節が続きますが、衣食住さまざまな方法でなるべく不快感を和らげて過ごせたら良いですね。


最後に…最近GT的ヒットだったスッキリアイテムをご紹介します。



ロールオンタイプのミントオイルです。
コロナ禍になり、ハッカ油のスプレータイプがマスク関連アイテムで一時期有名になりましたが、こちらはロールオンタイプ。
気圧や肩こりのせいでしょっ中頭痛に悩まされているのですが、そんな時にこめかみや首筋にちょっとヌリヌリすると、ス~っと気持ちが良くて、気分も楽になります。

もう、これ無しにはデスクワークができないかも…笑
同じ症状でお悩みの方、よければぜひお試しください。

それでは、また!

staff GT、