電話注文:0120-70-1830(10-18時、日祝除く)

サンドウィッチ・プラクティス

皆さま、こんにちは!
メゾンブレモンド1830スタッフのGTです。

来週からは3月がスタートしますね。もう少し暖かくなったら、何がしたいですか?GTは寒さを理由に全然身体を動かしていなかったので、

・ウォーキングを再開したい
・庭を耕したい(ガーデニングって言っていいのかしら?)
・部屋の模様替えをしたい

あとは、気持ちの良い屋外でご飯が食べたいなぁ。
「外で食べておいしいもの」と考えると、私はサンドウィッチが真っ先に浮かびます。


(昨年、ウォーキングにハマっていた時に持っていっていたバゲットサンドのランチ)

中でも、バゲットサンドは、学生時代の思い出もあってやはり別格。

アゴが疲れるくらい固いパンに、シンプルな具材。この組み合わせが最高なのです。

もちろん、ふわふわのパンで挟まれたサンドウィッチもおいしくて大好きなのですが…自分ではまず作りません。1人分だけ作るのも結構手間ですし、何より…私は所謂クラシックな「サンドウィッチ」を作るのが苦手です。

いつもパンはパサパサorしっとりし過ぎるかのどちらかだし、見た目はイマイチ。「次こそ上手につくるぞ!」と意気込んでも、そんなにサンドウィッチを作る機会もないし…気づけば苦手意識が根強く植え付けられいました。



でも情勢が許すなら…気の合う仲間達と小規模で集まって、春のピクニックがしたいな~。そこに見た目も素敵でおいしいサンドウィッチを持っていけたら最高だよな~!と、来る春への妄想を膨らませると、サンドウィッチ、俄然克服したくなってきました。

春に外で食べるのに、テンションが上がるサンドウィッチは何かなと考え…少し気が早いけれど、春の訪れを知らせるお祝いはイースター。なので、卵を使ったサンドウィッチにトライ。



たまごのタルタルサンドと、オムレツサンド。

タルタルにはBIO マスタード ハーブ・ド・プロヴァンスを加えて、爽やかな酸味とハーブの香りを。オムレツサンドには、内側にトマトパスタソース ペッパーを塗ってからサンドして、トマトの旨味をプラス。



自宅用だと、ここまで小さいサイズで作るのはかえって手間ですが、外で食べることを考えたら、やっぱり食べやすい&手に持ちやすいサイズって重要ですよね。うまく出来てるんだなぁ~サンドウィッチって。
ただ…
ゆで卵がかなり半熟で、タルタルがゆる~くなってしまった事、そしてトマトソースが染みすぎないようマヨネーズを塗ったのに、まだ温かいオムレツを挟んでしまった事により…パンがぺしゃんこになってしまいました。泣

…無念。(でも、味は抜群においしかったです)


気を取り直して。
旬のイチゴをたっぷり使ったフルーツサンドに挑戦!



ホイップクリームにピスタチオクリーム スプレッドを合わせてナッツの旨味をプラス!カットする前から、見ているだけで幸せな気分になりますね…!サンドした後、冷蔵庫でしっかりと冷やしてから、いざカット!



出来ました。

カットは大成功。
でも…もうお気づきですよね…イチゴの断面。キレイなんだけど…ちょっとコレじゃない感。これは、イチゴの向きを間違えましたね…

…無念 part2。
でも、フレッシュなイチゴと濃厚なピスタチオの組み合わせは、もう説明不要のおいしさでした!

さて、意気込んだものの今週は何ともお恥ずかしい内容で大変恐縮ですが…メゾンブレモンド1830こだわりの調味料を使えば、絶品サンドウィッチに仕上がることは間違いなしなので、そこはご安心いただきつつ…

ぜひ皆さんは素敵なサンドウィッチを堪能してくださいね!(そして、上手にサンドするコツがあれば、ぜひGTにご教授ください…!)
それでは、また!

staff GT