電話注文:0120-70-1830 / 新商品・再入荷商品多数あり

メゾンブレモンド1830がおくる

しっかりと長くお休みするフランスの夏のバカンス。メゾンブレモンド1830の故郷プロヴァンスの人々も夏に3週間程度休み、近くのビーチやイタリアやスペインなどで大切な人とゆっくりと過ごします。そんなプロヴァンスの人々のバカンスをイメージして、まるでイタリアを周遊し、地元グルメを堪能しているようなセットをご用意しました。

夏のシチリアで朝ごはん

イタリアの朝ごはんは甘いものが並びます。ビスケットやパンなどに、コンフィチュールやスプレッドを付けたりコーヒーに浸しながら食べるのが定番。朝からケーキを食べる人もいます。 

地中海最大の島シチリアでも、同じく朝食は甘いものを食べます。 シチリアの伝統菓子カンノーリはもちろん、特に夏にはシチリアの朝食の定番「ブリオッシュ・コン・ジェラート」を楽しむ地元のひとたちをカフェのあちらこちらで見ることができます。 ブリオッシュにジェラートを挟んだとってもイタリアらしいこのメニュー、日本でも提供するお店が少しずつ出てきていますね。

朝ごはんとスプンティーノ(※)メニュー

  • <朝ごはん>
  • ・ブリオッシュ・コン・ジェラート
  • ・カフェラテ
  • <スプンティーノ>
  • ・簡単カンノーリ
  • ・カプチーノ

※スプンティーノとは昼食前に食べる軽食のこと。昼食が13時頃のイタリアでは、11時ごろにちょっとコーヒーブレイクをするのが一般的で、カプチーノを飲みながら小さめの菓子パンなどを食べます。

商品をかうレシピをみる

ジェノバでいつものお昼ごはん

最近はそのまま職場で昼食をとる人も少なくありませんが、イタリアでは子供も大人も出先から家に戻り、みんなで昼食をとるのが一般的です。そして昼食が一日のメインの食事になります。よく食べられるのはやはりパスタ、その他にはスープ、生ハムやチーズなど。そして食後には簡単なデザートやフルーツも楽しみます。

イタリア有数の港町、ジェノバはシーフードの他に野菜などもおいしく、食の宝庫と言われることもしばしば。地元産のバジルやシーフードをたっぷり使ったパスタは、定番人気メニューとして日常的に愛されています。またパスタと愛情抜群のフォカッチャは、ジェノバ発祥と言われています。

お昼ごはんメニュー

  • ・トマトとシーフードのペーストロッソパスタ
  • ・ピスタチオとベリーのカッサータ
  • ・エスプレッソ
商品をかうレシピをみる

休日のアルバで夕食を

昼食がメインのイタリアでは、平日の夕食は昼食よりも軽めに、肉や魚料理に付け合わせの野菜を食べるのが定番。代わりに休日の夕食はゆっくりと前菜からメイン、デザートまで楽しみます。

白トリュフの名産地で、秋に開催されるトリュフ祭りで知られるアルバ。そのアルバがあるピエモンテ州は食材の宝庫と言われています。白トリュフのほかにも牛や山羊や羊のチーズ、米、ジビエ、タヤリン(ピエモンテ州の郷土パスタ)、ポルチーニ、赤ワインなどなど。街の通りには右も左も食材店とレストランがずらりと並び、グルメ好きにはたまらない街です。名産品の白トリュフやチーズをたっぷり使ったシンプルで芳醇なリゾットのおいしさはこの地ならでは。

夕食メニュー

  • ・スパークリングワイン
  • ・ミニトマトのカプレーゼ
  • ・クレソンのサラダ
  • ・白トリュフ香るシンプルリゾット
  • ・赤ワイン
  • ・むね肉のスカロッピーネ
  • ・ピスタチオパンナコッタ
  • ・エスプレッソ
商品をかうレシピをみる

Buona Vacanza!

プロヴァンスからイタリア周遊グルメバカンスへ!

イタリアグルメバカンスフェアで使用した商品一覧

イタリアグルメバカンスフェアレシピ集

夏のシチリアで朝ごはん

ジェノバでいつものお昼ごはん

休日のアルバで夕食を

ニュースレターを受け取る

レシピや新商品情報、ご登録いただいた方限定の特別なキャンペーンなどの情報をメールで配信しています。